電話:06-6581-9110 ファックス:06-6581-5400 お問い合わせフォーム

認定資格

アンカーボルト製造・販売の森鋼材 TOP  >  認定資格

認定資格

JIS規格認証取得工場

JISマーク表示制度認証
(JIS B 1220:2015 ABR400/490 M16~M48)
(JIS B 1220:2015 ABM400 M24~M48, ABM490 M24~M100)

JIS規格認証

阪神大震災におけるアンカーボルト破断による露出柱脚の被害をきっかけに、日本鋼構造協会では、塑性変形能力に富んだアンカーボルトの規格として構造用アンカーボルトセットの規格「JSS Ⅱ 13 建築構造用転造ねじアンカーボルト・ナット・座金のセット」と「JSS Ⅱ 14 建築構造用切削ねじアンカーボルト・ナット・座金のセット」(JSS規格認定工場制度)を2000年6月に制定しました。
またその後、ねじに関するJIS規格や建築用ターンバックルのJIS規格の改正に伴い、JSS規格を2004年に改正。さらにJIS規格化を進めるため検討を重ね、2010年10月にJSS規格の内容を発展した内容で「JIS B 1220 構造用転造両ねじアンカーボルトセット」と「JIS B 1221 構造用切削両ねじアンカー ボルトセット」が公示されました。2015年3月31日、JSS規格の工場認定制度が廃止となりました。

2015年12月21日、「JIS B 1220 構造用転造両ねじアンカーボルトセット」と「JIS B 1221構造用切削両ねじアンカーボルトセット」は統合され、「JIS B 1220 構造用両ねじアンカーボルトセット」に改正されました。

森鋼材株式会社は、JIS規格構造用両ねじアンカーボルトセット(JIS B 1220)の製造体制を保証された工場として、認定を受けています。

建築用アンカーボルトメーカー協議会

JIS認証工場

JIS規格とJSS規格について

2010年10月、JSS規格をもとにアンカーボルトのJIS規格が制定されました。JIS規格は、JSS規格をベースとして作成されており、規格の名称の表現に差はありますが形状、寸法、性能等大きな違いはありません。

JIS規格の制定に伴い、2015年3月まではJSS規格とJIS規格は移行期間として併用されましたが、2015年3月31日JSS規格は廃止となりました。

JIS規格アンカーボルトを見る アンカーボルト製造事例を見る

ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)認証取得

製品やサービスの品質管理を通じて、お客様のニーズにお応えするため2010年3月に、ISO9001(品質マネジメントシステム)を取得いたしました。

更なる充実したサービスに努め、より満足頂ける森鋼材を目指します。

ISO9001 認証

TEL:06-6581-9110 FAX:06-6581-5400 お問い合わせフォーム
MAILで問い合わせる
JIS B 1220,JIS B 1221構造用アンカーボルト製造認証工場

認定資格、工場・設備紹介

ページの先頭へ